社会問題

社会問題

ワークライフバランスでこれからの生活を考える

かつては夫が働き妻が家庭を守る姿が一般的だったが、共働き世帯の増加や少子高齢化などで仕事と生活の両立が難しくなっている。ワークライフバランスの実現は個人の幸福だけでなく企業の生産性向上にも影響し、個人と企業、社会全体で取り組む必要がある。
社会問題

建設業・運送業・医師の働き方はどう変わる?2024年の時間外労働上限規制で注目すべきポイント

2024年4月から建設業、運送業、医師に時間外労働の上限規制が適用。建設業は月45時間・年360時間、運送業は年960時間、医師はA・B・C水準で年960~1860時間。人手不足や収入減が課題だが、働き方改革の実現が持続可能な社会につながる。
社会問題

2024年 働き方改革はどう変わった?

2024年4月、建設業や運送業、医療業界でも時間外労働の上限規制が適用された。原則月45時間・年360時間までだが、特別な事情でも年720時間以内等の制限がある。勤務間インターバル制度や有給休暇の取得義務化も進む。企業は業務効率化や人員配置の見直し等が必要だ。
社会問題

リニア中央新幹線の環境影響を考える

リニア中央新幹線のトンネル工事で、大井川の水量減少が懸念される。JR東海の対策は不十分で、静岡県知事は全量戻しを要求。水問題が解決しない限り、静岡工区の着工は難しい。
社会問題

外国人による緊縛強盗事件が4県で相次ぐ – 日本社会における外国人との共生の課題とは

2024年4月下旬から5月にかけて、4県で外国人風の男2人組による緊縛強盗事件が相次いだ。この事件は、少子高齢化で外国人労働者の受け入れが拡大する中、共生社会実現への課題を浮き彫りにした。
社会問題

健康保険証が廃止され、本当にマイナ保険証のみになるのか

マイナ保険証は、マイナンバーカードを健康保険証として利用する制度です。2023年4月から医療機関での対応が義務化され、2024年12月には現行の健康保険証が廃止予定です。しかし、技術的なトラブルや利便性の問題、プライバシーの懸念、政策の周知不足などが原因で加入率が低く、特に国家公務員の利用率が低迷しています。
社会問題

AIによるハッキング講習の危険性がヤバい件

2024年、ハッキング講習の普及とAIの悪用によりアマチュアハッカーの脅威が深刻化。講習で得た知識の犯罪利用や、AIを用いたフィッシング詐欺・ディープフェイク詐欺が増加。倫理的講習、法整備、国際協力など多角的対策が急務。
社会問題

横浜市営バスの運転手不足からみるテクノロジーのジレンマ

横浜市営バスは運転手不足により便数を減らし、利用者に影響。2024年問題や若手の離職が原因で、無人運転バス技術もまだ実用化前。解決には労働環境改善や技術導入が必要。
社会問題

護衛艦いずも撮影事件:日本の防衛セキュリティの脆弱性を暴露

護衛艦「いずも」が無許可ドローンで撮影され、中国のサイトに投稿された事件は、日本の防衛セキュリティの脆弱性を示し、法規制の強化とセキュリティ対策の急務を浮き彫りにしました。
社会問題

DXで省人化が出来る企業だけが、今後は生き残る

日本は2030年に約341万人、2040年には1100万人の労働供給不足が予測されています。この労働力不足により、成長産業への労働力移動が難しくなり、重要なサービスの品質維持が困難に。この問題への対策として、デジタル技術を活用したDXによる省人化が推進されています。