社会問題

ワークライフバランスでこれからの生活を考える

かつては夫が働き妻が家庭を守る姿が一般的だったが、共働き世帯の増加や少子高齢化などで仕事と生活の両立が難しくなっている。ワークライフバランスの実現は個人の幸福だけでなく企業の生産性向上にも影響し、個人と企業、社会全体で取り組む必要がある。
社会問題

建設業・運送業・医師の働き方はどう変わる?2024年の時間外労働上限規制で注目すべきポイント

2024年4月から建設業、運送業、医師に時間外労働の上限規制が適用。建設業は月45時間・年360時間、運送業は年960時間、医師はA・B・C水準で年960~1860時間。人手不足や収入減が課題だが、働き方改革の実現が持続可能な社会につながる。
社会問題

2024年 働き方改革はどう変わった?

2024年4月、建設業や運送業、医療業界でも時間外労働の上限規制が適用された。原則月45時間・年360時間までだが、特別な事情でも年720時間以内等の制限がある。勤務間インターバル制度や有給休暇の取得義務化も進む。企業は業務効率化や人員配置の見直し等が必要だ。
話題のニュース

NVIDIAの凄さを紐解く

NVIDIAは、ゲーム用GPUで知られていたが、近年はAI分野で飛躍的な成長を遂げている。GPUの並列処理能力とCUDAフレームワークにより、AIワークロードに最適な環境を提供し、業界をリードしている。
社会問題

リニア中央新幹線の環境影響を考える

リニア中央新幹線のトンネル工事で、大井川の水量減少が懸念される。JR東海の対策は不十分で、静岡県知事は全量戻しを要求。水問題が解決しない限り、静岡工区の着工は難しい。
社会問題

外国人による緊縛強盗事件が4県で相次ぐ – 日本社会における外国人との共生の課題とは

2024年4月下旬から5月にかけて、4県で外国人風の男2人組による緊縛強盗事件が相次いだ。この事件は、少子高齢化で外国人労働者の受け入れが拡大する中、共生社会実現への課題を浮き彫りにした。
社会問題

健康保険証が廃止され、本当にマイナ保険証のみになるのか

マイナ保険証は、マイナンバーカードを健康保険証として利用する制度です。2023年4月から医療機関での対応が義務化され、2024年12月には現行の健康保険証が廃止予定です。しかし、技術的なトラブルや利便性の問題、プライバシーの懸念、政策の周知不足などが原因で加入率が低く、特に国家公務員の利用率が低迷しています。
話題のニュース

マイナポイント予算の7300億円使われなかった問題を紐解く

マイナポイント事業は2兆1113億円の予算のうち35%の7300億円が未使用。マイナ保険証の低い利用率やトラブルが原因。政府は国民の不安払拭と制度の透明性向上が必要。
話題のニュース

山形県南陽市の山火事: 焼失面積137ヘクタール、テクノロジーの限界を示す

南陽市の山火事は137ヘクタールを焼失。9日間で鎮火し、避難指示解除。自衛隊ヘリやドローンで消火活動を行い、技術の限界と自然の力の大きさを示した出来事。
話題のニュース

SIMハイジャック スマホの乗っ取りもここまできたか、、、

SIMハイジャックは、犯罪者が被害者の電話番号を不正に取得し、個人情報や銀行口座にアクセスする詐欺行為です。この手法により、重大なプライバシー侵害や金銭的損失が発生します。