SIMハイジャック スマホの乗っ取りもここまできたか、、、

話題のニュース

SIMハイジャック、またはSIMスワッピングとは、悪意のある者が他人の携帯電話番号を不正に取得し、その番号を使用して電話やSMSメッセージを乗っ取る詐欺行為です。この手法により、被害者の個人情報や銀行口座へのアクセスが可能となり、重大なプライバシー侵害や金銭的損失を引き起こすことがあります。

PR

SIMハイジャックの手法

SIMハイジャックは、通常、携帯電話事業者のセキュリティシステムをだまして被害者の電話番号を犯罪者のSIMカードに移行させることによって行われます。犯罪者は、被害者の個人情報を事前に入手し、それを利用して携帯電話会社のカスタマーサービスに連絡します。そして、被害者であると偽り、電話番号を新しいSIMカードに移行するよう依頼するのです。

日本でも被害が出てます、、、

2024年5月には、楽天モバイルで「身に覚えのないeSIM再発行」の危険性が指摘されました。この事例では、悪意のある第三者がフィッシング攻撃などを通じて楽天IDとパスワードを入手し、無断でeSIMの再発行を行い、ユーザーのモバイル回線を乗っ取るという手口が確認されています。

また、同じく2024年5月には、偽造されたマイナンバーカードを使用してSIMカードの契約を不正に行う事件が報告されています。この手法により、犯罪者は被害者の電話番号を乗っ取り、さまざまな詐欺行為を行うことが可能となります。

PR

SIMハイジャックを防ぐには?

  1. 多要素認証の利用: オンラインアカウントにログインする際は、パスワードだけでなく、SMSやアプリを通じた認証コードの入力を求める多要素認証を設定することが重要です。
  2. 個人情報の保護: 個人情報が漏洩しないよう、公共の場での個人情報の共有を避け、不審なメールやリンクには注意してください。
  3. 通知設定の活用: 携帯電話事業者や銀行などのサービスで、異常なアクティビティがあった場合に通知を受け取れるよう設定しておくと良いでしょう。

SIMハイジャックは、個人のプライバシーを脅かすだけでなく、金銭的な損失をもたらす可能性があるため、常に警戒が必要です。AIによる高度なハイジャックも出現してきているようですので、注意が必要ですね!

→テクノエッジ TOP

PR

タイトルとURLをコピーしました