話題のニュース

火炎放射器を搭載した犬型ロボット。えっ? 何するの?

火炎放射器を搭載した犬型ロボット「サーモネーター」が登場。最大9メートル先まで炎を放射し、リモート操作可能。価格は約146万円。賛否両論あり、アメリカの48州で合法的に販売されている。
話題のニュース

劇症型溶連菌 人食いバクテリアの恐怖…

劇症型溶連菌感染症は風邪のような初期症状が急激に悪化し、多臓器不全や壊死を引き起こす危険な病気で、2024年は過去最多の感染者数を記録しています。
話題のニュース

Apple新型iPad ProのPVが物議!楽器破壊で示す創作の未来

Appleが新型iPad ProのPVで楽器や創作道具をプレス機で破壊。この挑戦的な映像は、創作プロセスの革新を象徴し、視聴者に衝撃を与え、議論を呼んでいます。
話題のニュース

未来型の人型ロボットFigure社が注目です!

AIとロボティクスを駆使したアメリカのスタートアップ、Figureが開発する「Figure 01」は、日常タスクを効率的にこなす人型ロボット。労働力不足解消に期待が寄せられ、教育や介護など多方面での応用が可能。
話題のニュース

新宿駅の「動く案内板」が賛否両論なわけ

新宿駅の「動く案内板」は、再開発工事に伴う歩行者動線の変更に対応するために導入された。視認性や利便性について賛否両論があるが、リアルタイムな情報提供が可能な点が評価されている。
話題のニュース

広島AIプロセスとは?生成AIのリスク管理と国際的な対応策

生成AIの急成長が多くのリスクを生むため、「広島AIプロセス・フレンズグループ」が国際ルール制定で安全利用を目指しています。
話題のニュース

スクエニ、特損221億円で心配するファンの声

スクウェア・エニックスは、2024年3月期に約221億円の特別損失を計上し、開発中のゲームプロジェクトの中止が原因です。特に「ドラゴンクエストXII」の開発中止が懸念されています。会社は効率的な新作開発にリソースを集中する方針を強調しており、大規模な組織再編も行いました。
社会問題

DXで省人化が出来る企業だけが、今後は生き残る

日本は2030年に約341万人、2040年には1100万人の労働供給不足が予測されています。この労働力不足により、成長産業への労働力移動が難しくなり、重要なサービスの品質維持が困難に。この問題への対策として、デジタル技術を活用したDXによる省人化が推進されています。
社会問題

飲食店救済の鍵!ロボット技術導入で人件費削減と効率化を実現

飲食店において、ロボットを導入することにより、作業効率をあげることができます。
社会問題

「物流の2024年問題」に対処するための5つの取り組み

物流の2024年問題が表面化することにより、各企業がさまざまな対応を必要とされています。