DXで省人化が出来る企業だけが、今後は生き残る

社会問題
イメージ写真

日本は2030年に約341万人、2040年には1100万人以上の労働供給不足に直面する予測が立てられています。労働供給が減少することで、成長産業への労働力の移動が困難になり、運搬職や建設職、介護や医療といった生活維持に必要なサービスの質が維持できなくなるほどの深刻な労働供給制約が生じます。この巨大な課題に対処するためには、DXで省人化をする必要が求められております。

DXによる省人化が必要な理由

DXとは、デジタル技術を駆使してビジネスプロセスを変革し、省人化することを指します。これにより、労働者に依存することなく、仕事を達成できることが期待されます。また、デジタル技術の進化により、遠隔操作AIによる意思決定支援など新たなビジネスモデルが生まれ、これが企業の生産性向上に効果が出ております。DXによる省人化は、単に労働力の節約だけでなく、企業の競争力強化にも直接的に寄与するため、経済全体持続可能性を高める効果があります。しかし、DXを推進するには企業文化の変革や、デジタル技術に対する理解を深める教育の強化も必要です。日本政府もDX推進のためにデジタル人材の育成やデジタルデバイドの解消に向けた政策を進めています。

PR

身近なところから始める省人化

DXというと高額の経費がかかり、個人や中小企業ではなかなか進めることが厳しいイメージですが、近年ではアプリを使ったDXや、補助金などもあり、比較的参入しやすい状況にあります。

オフィス業務の自動化

オフィス内での日常業務、例えばデータ入力スケジュール管理などは、RPA(Robotic Process Automation)ツールを導入することで自動化可能です。これにより、従業員創造的な業務に集中できるようになります。

PR

スマートホームデバイスの利用

家庭内でも省人化は進められます。例えば、スマートスピーカー自動掃除機などを利用することで、家事の手間を減らし、より快適な生活を実現することができます。プライベートはできるだけストレスを減らしたいですね。

Eコマース、デジタル決済の活用

小売業界では、オンラインショッピングの普及により、物理的な店舗での人員を減らすことが可能になりました。また、コンビニ飲食店でもデジタル決済が進んでおり、支払いの手間を省くことができます。

PR

遠隔操作技術の導入

製造業建設業では、遠隔操作技術を利用して、危険な作業をロボットにより行う。これにより作業の安全性が向上し、労働力の確保が困難な場所でも作業が可能になります。

AIの活用

顧客サービスの分野では、AIを活用したチャットボットが問い合わせ応対を自動化し、人的リソースの削減に貢献しています。AIは顧客からの質問に対して即座に反応することができ、24時間365日対応することが可能です。これらの取り組みを通じて、省人化を進めることは、単に人件費を削減するだけでなく、質の高いサービスの提供や新たな価値の創造にもつながります。身近なところから始める省人化は、私たちの働き方生活スタイルに革新をもたらし、より持続可能な社会の構築に寄与することでしょう。

→テクノエッジ TOP

→スクエニ、特損221億円で広がる波紋 ファンの間で心配の声も

PR

タイトルとURLをコピーしました