Apple新型iPad ProのPVが物議!楽器破壊が示す創作の未来

話題のニュース

みなさんは最近、Appleの新しいiPad Proのプロモーションビデオ(PV)を見ましたか?一見すると、Appleらしいスタイリッシュな映像なのですが、実はこのPVが大きな議論を呼んでいるのをご存知でしょうか。

【PR】
月額99円から。WordPressも簡単にインストールできるレンタルサーバー

物議を醸したAppleのPV

問題のPVでは、ピアノやギター、レコードプレーヤー、絵の具、本など、様々な創作ツールが次々と巨大なプレス機で押しつぶされていきます。そして最後に、新しいiPad Proが登場するのです。

一体なぜAppleはこのようなPVを作ったのでしょうか?おそらくAppleは、「iPad Pro一台でこれらすべての創作活動ができる」というメッセージを伝えたかったのだと思います。しかし、多くの人はこのPVを見て、「創造性を破壊している」と感じたようです。

クリエイターからの批判

特にミュージシャンやアーティストからは、「楽器を破壊するなんて許せない」「アートを踏みにじっている」といった批判の声が上がりました。

俳優のヒュー・グラントは、「人間の経験を破壊している。シリコンバレーのせいだ」とツイートし、話題になりました。

AIの台頭と創作の未来

なぜこのPVがこれほどまでに批判を浴びたのでしょうか。その背景には、AIの急速な発展によって、クリエイターの仕事が奪われるのではないかという不安があるのかもしれません。

音楽や絵画、文章など、これまで人間の手によって生み出されてきた創作物の多くが、AIによって代替されようとしています。果たして、未来の創作活動はどうなってしまうのでしょうか。

Appleの謝罪

批判を受けて、Appleは「このPVは不適切だった」と謝罪しました。

Appleの広報担当者は、「創造性はAppleのDNAであり、世界中のクリエイターの活動を応援することが非常に重要です。私たちはこのPVで的を外してしまい、申し訳ありません」とコメントしています。

【PR】
どこでも食っていけるWeb人間になれる【Web食いオンラインスクール】

創造性とテクノロジーの共存

しかし、本当にテクノロジーの発展が創造性を破壊してしまうのでしょうか?私はむしろ、AIなどの新しいテクノロジーは創造性を後押しするチャンスなのではないかと考えています。

確かに、AIには人間の仕事を奪ってしまう恐れがあります。しかし同時に、AIを活用することで、これまでにない新しい表現や可能性が生まれるかもしれません。大切なのは、テクノロジーと創造性をどう調和させていくかということです。

Appleも、iPad Proが創作活動をサポートするツールであることを強調しています。実際、iPad Proの高性能なチップやペンシル、美しいディスプレイは、クリエイターの表現力を大いに高めてくれるでしょう。

まとめ

AppleのPVが問題視された理由は、テクノロジーの発展に対する漠然とした不安が背景にあるのかもしれません。AIをはじめとする新しい技術の登場によって、創作のあり方は大きく変わろうとしています。

しかし、だからこそ私たちには、テクノロジーと創造性の新しい関係性を模索していくことが求められているのだと思います。iPad Proのような先進的なツールを活かしながら、人間ならではの感性や表現を大切にする。そんな創作の未来を、考えていくことが必要ですね。

→テクノエッジ TOP

→劇症型溶連菌 人食いバクテリアの恐怖…

【PR】
ムームードメイン

タイトルとURLをコピーしました