2024年、日本のデジタル化は加速する

話題のニュース

2024年、日本のデジタル化は着実に進展しています。政府や企業の取り組みにより、国民の生活や仕事におけるデジタルサービスの利用が拡大し、利便性が向上しています。今回は、2024年の日本のデジタル化の現状について、いくつかの事例を交えてご紹介します。

PR

港区、全行政手続きのオンライン化を達成

東京都港区は、2024年4月から区が受け付ける全ての行政手続きをオンラインで申請可能にしました[。保育園や学童クラブの入園・入会申請、特別区民税や都民税の申告、印鑑登録証明書の申請など、約2400件の手続きがオンラインで完結できるようになりました。これにより、区民は区役所に足を運ぶ必要がなくなり、時間と労力を大幅に節約できるようになりました。

PR

賃貸不動産業界での電子契約の普及

賃貸不動産業界では、電子契約の普及が急速に進んでいます。2024年の調査によると、業界における電子契約の普及率が75.4%に達し、前回調査時の57.1%から大幅に増加しました。これにより、契約手続きの効率化とペーパーレス化が進み、業界全体のデジタル化が加速しています。

PR

マイナンバーカードの携行率の課題

マイナンバーカードの普及は着実に進んでいますが、携行率の低さが課題となっています。2024年2月末時点で、マイナンバーカードの保有枚数率は73.3%に達しましたが、保有者のうち46.7%がカードを携行していないことが明らかになりました。マイナンバーカードを活用した行政手続きのオンライン化を進めるためには、国民のカード携行率を高める必要があります。

PR

フロッピーディスクの使用指定を廃止

経済産業省は、記録媒体としてフロッピーディスクを指定する規制を見直し、管轄の省令を改正しました。これにより、手続きのオンライン化が進み、デジタル化の妨げとなっていたアナログ規制が緩和されました。フロッピーディスクに代わる新たな記録媒体の活用が期待されます。

PR

全国どこでも戸籍謄本が取得可能に

2024年3月に改正戸籍法が施行され、全国の戸籍情報を連携するシステムの運用が開始されました。これにより、本籍地以外の市区町村でも戸籍証明書が取得できるようになり、国民の利便性が大幅に向上しました。デジタル技術を活用した行政サービスの拡充が進んでいます。

以上のように、2024年の日本では、政府や企業によるデジタル化の取り組みが加速し、国民の生活や仕事におけるデジタルサービスの利用が拡大しています。一方で、マイナンバーカードの携行率の低さなど、課題も残されています。今後は、これらの課題を解決しながら、より利便性の高いデジタル社会の実現に向けた取り組みが求められます。

→テクノエッジ TOP

→高齢化とデジタル化が共存する日本社会の未来

タイトルとURLをコピーしました