高齢化とデジタル化が共存する日本社会の未来

社会問題

日本は世界に先駆けて超高齢社会に突入し、2020年には65歳以上の高齢者人口が28.4%に達しました。一方で、社会のデジタル化も急速に進展しています。この「高齢化」と「デジタル化」という2つの大きな潮流が同時に進行する中で、日本社会はどのように変化していくのでしょうか。

高齢者にとって、デジタル技術の活用は利便性の向上や社会参加の機会拡大につながる一方で、機器の操作が難しかったり、必要性を感じていなかったりと、デジタルデバイドの問題も指摘されています。スマートフォンの利用率は60歳代で67.4%、70歳代で38.3%と、若年層に比べて低い水準にとどまっています。

PR

しかし、高齢者のデジタル活用を促進することは、超高齢社会における様々な課題の解決につながる可能性を秘めています。例えば、オンラインでの買い物や行政手続き、遠隔医療の普及は、移動が困難な高齢者の生活をサポートします。SNSやビデオ通話を通じた家族や友人とのコミュニケーションは、孤立を防ぎ、生きがいにもつながります。

また、高齢者自身がデジタル技術を活用して知識や経験を社会に還元することも期待されます。シニア向けのプログラミング教室や、高齢者が講師となってICTを教える取り組みも各地で行われています。豊富な知見を持つ高齢者が、デジタルを通じて若い世代と交流し、社会の課題解決に参画する未来が描けるのです。

PR

こうした高齢者のデジタル活用を推進するためには、使いやすいインターフェースの開発や、丁寧なサポート体制の整備が不可欠です。国は「デジタル活用支援推進事業」として、携帯ショップ等で高齢者向けのスマホ講習会を実施しています。民間企業や自治体、地域コミュニティが連携し、高齢者一人ひとりに寄り添った支援を行うことが求められます。

超高齢社会とデジタル社会の融合は、日本が直面する大きな課題であると同時に、新たな可能性を開く鍵でもあります。年齢に関わらず誰もがデジタル化の恩恵を享受でき、多様な価値観が尊重される包摂的な社会を目指すことが、これからの日本に求められているのではないでしょうか。高齢者がデジタルの力を活用し、生き生きと暮らせる社会の実現に向けて、官民挙げた取り組みに注目が集まります。

PR

デジタル化が進む中で、高齢者が取り残されることなく、その豊かな知恵と経験を活かせる社会を創っていく。年齢の垣根を越えた共生と、QOLの向上を両立させる新しいモデルを、日本から世界に発信できる日が来るかもしれません。超高齢社会×デジタル化の先進国として、日本の挑戦が続きます。

→テクノエッジ TOP

→アナログ人間よ、ブルーカラーで生き抜け!

タイトルとURLをコピーしました