飲食店救済の鍵!ロボット技術導入で人件費削減と効率化を実現

社会問題
イメージ写真

飲食店の倒産が深刻化

近年、日本の飲食店の倒産が増え続けており、2023年には768件に達し、前年比で7割増加しました。特に居酒屋カフェが最も深刻な影響を受け、居酒屋だけで204件の倒産が記録されています。

倒産の主な要因は、物価高騰光熱費の上昇人手不足に伴う人件費増加、さらにはコロナ禍での融資返済の開始などが挙げられます。体力のない飲食店から次々と消えていく厳しい状況が続いています。

PR

ロボット技術導入で人件費削減と効率化を実現

このような状況下で、ロボット技術の導入人件費削減業務効率化を図る有効な手段として注目されています。ロボット技術を活用することで、注文受付配膳などの作業を自動化し、コスト削減が期待できます。ただし、初期投資顧客への影響も考慮する必要があります。

長期的には、ロボット技術が人手不足の解消業務効率化を支援し、持続可能な運営に貢献する可能性がありますが、技術進化に応じたサービス提供の進化も求められます。

PR

最近のロボット導入例

  • 配膳ロボット: 料理や食器の提供・下膳をサポート。すかいらーくや幸楽苑などで導入。
  • 調理アシスタントロボット: 食材の下処理から調理、盛り付けまでを自動化。五反田の「ロボットそば店」では時間40杯から150杯に提供可能に。
  • 注文受付ロボット: タッチスクリーンや音声認識で注文を自動受付。スシローやはま寿司などで採用。
  • クリーニングロボット: 食後のテーブル清掃や床の掃除を実施し、衛生環境を維持。
  • 精算機: 会計業務の自動化で人件費を削減。個人店から大手店でも多数導入。

PR

おわりに

飲食店のロボット導入は、人手不足や経営環境の厳しさから、今後ますます必須となっていくでしょう。ロボットとひとくちで言っても、さまざまなタイプがありますね。日本においては人口減による働き手が減ることは確実です。費用対効果を考慮し、お手頃な機器から導入されてみてはいかがでしょうか。

→テクノエッジ TOP

→DXで省人化が出来る企業だけが、今後は生き残る





<p class=PR

タイトルとURLをコピーしました