新手のサイバー攻撃の手口 2024版

社会問題

こんにちは。みなさんはサイバー攻撃という言葉を聞いたことがありますか?ニュースなどでよく目にする言葉ですが、具体的にどのような攻撃なのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

2024年の今、サイバー攻撃の手口は非常に巧妙化しており、個人や企業は常に注意が必要です。そこで今回は、最新のサイバー攻撃の手口と、その対策について分かりやすく解説していきます。

【PR】
定額制で質問し放題【Web食いオンラインスクール】

ランサムウェアによる脅威

ランサムウェアは、コンピュータやスマートフォンのデータを勝手に暗号化し、身代金を要求してくるタイプのマルウェアです。2024年も引き続き大きな脅威となっています。

ランサムウェアに感染してしまうと、大切なデータにアクセスできなくなるだけでなく、多額の身代金を支払わなければデータを取り戻せなくなる可能性があります。

対策としては、OSやソフトウェアを常に最新の状態に保ち、怪しいメールの添付ファイルは決して開かないことが重要です。また、定期的にデータをバックアップしておくことで、万が一の際の被害を最小限に抑えることができます。

月額99円から。WordPressも簡単にインストールできるレンタルサーバー

フィッシング攻撃の進化

フィッシング攻撃は、有名企業や公的機関を装ったメールを送りつけ、個人情報や金銭を盗み取る手口です。2024年は、AIを悪用したより巧妙なフィッシング攻撃が増加しています。

フィッシングメールは一見、本物そっくりに作られているため、うっかりクリックしてしまいがちです。しかし、リンク先は偽のWebサイトであり、情報を入力した瞬間に攻撃者に渡ってしまいます。

対策としては、メールの差出人や本文をよく確認し、少しでも怪しいと感じたらクリックしないことが大切です。また、公式サイトは直接URLを入力するようにしましょう。

【PR】
未経験・微経験のITエンジニア転職なら【ツギノシゴト】

標的型攻撃の脅威

標的型攻撃は、特定の企業や組織を狙ったサイバー攻撃です。2024年は、サプライチェーンの弱点を突く攻撃が増加傾向にあります。

標的型攻撃では、取引先や関連会社など、つながりのある企業を経由して侵入を試みます。一度侵入されてしまうと、機密情報の漏洩や業務の停止など、甚大な被害につながるおそれがあります。

対策としては、自社だけでなくサプライチェーン全体でセキュリティ対策を徹底することが重要です。また、従業員への教育を行い、日頃からセキュリティ意識を高く持つことが求められます。

【PR】
i-Say(アイセイ)

新たな脅威「クラウドワーム」

2024年、新たな脅威として注目されているのが「クラウドワーム」と呼ばれる攻撃手法です。クラウドワームは、クラウドサービス上で自己増殖し、サービス全体に被害を広げていきます。

クラウドを介して感染が広がるため、従来のウイルス対策では防ぎきれません。感染を早期に検知し、速やかに対処することが求められます。

対策としては、信頼できるクラウドサービスを選ぶことが大前提です。また、クラウド上のアクセス権限を適切に管理し、不審なアクティビティを監視することが重要です。

まとめ

2024年のサイバー攻撃は、ますます巧妙になっています。ランサムウェア、フィッシング、標的型攻撃、クラウドワームなど、様々な手口が存在します。

しかし、正しい知識を持ち、適切な対策を講じることで、サイバー攻撃のリスクを大幅に減らすことができます。OS・ソフトの更新、怪しいメールへの注意、バックアップの徹底、セキュリティ教育など、一人一人がセキュリティ意識を高く持つことが何より重要です。

サイバー空間を安全に利用するために、今日から一緒にサイバーセキュリティ対策に取り組んでいきましょう。

→テクノエッジ TOP

→ウェブニュースへの実名コメント投稿、是か非か?匿名の弊害と実名化の効果を考える

【PR】
ハイパーWEEK
タイトルとURLをコピーしました