新宿駅の「動く案内板」が賛否両論なわけ

話題のニュース
動く案内掲示板

新宿駅に設置された「動く案内板」が、利用者の間で話題となっています。この案内板は、従来の静止画像とは異なり、アニメーションを用いた動的な表示が特徴です。SNS上では、未来的でかっこいいというポジティブな意見がある一方で、必要な情報が見つけにくいという指摘もあり、利用者の反応は賛否両論に分かれています。

【PR】
月額99円から。WordPressも簡単にインストールできるレンタルサーバー

視認性に関しては、動画の切り替わるスピードが速すぎるという意見が目立ちます。「行き先方向は常に表示しててほしい」「これ一見かっこいいけどえーと〇〇線は…?と見ているうちに画面が変わってしまってイラつく」といったコメントからは、必要な情報を見つけにくいというフラストレーションが感じられます。一方で、「ディスプレイは発色がきれいで視認性も高そう」という声もあり、表示の鮮明さについては評価する意見もあります。駅構内では、歩きながら情報を確認する必要があるため、視認性の良さは重要な要素だと考えられます。

利便性の面では、「新宿駅西口の再開発に伴い、構内を工事しています。一部でエレベーターがなくなるなど歩行者の動線が変わったため、限られたスペースで分かりやすく表示するためデジタルサイネージの動くサインを2月から導入しました」という小田急電鉄の説明から、工事に伴う動線の変更など、リアルタイムな情報提供が可能な点が評価されています。しかし、「必要な情報になるまで待たなきゃいけないのは見づらい」という意見もあり、待ち時間を不便に感じる利用者もいるようです。

【PR】
定額制で質問し放題【Web食いオンラインスクール】

この「動く案内板」は、新宿駅の再開発工事に伴い、歩行者の動線が変わったことへの対応として導入されたとのことです。工事中の仮の案内板であるため、フレキシブルな対応ができるデジタルサイネージが選ばれたようですが、利用者からは「アニメーション好きとしてかっこいいとは思うけど、駅の案内は固定で表示されてて欲しい」といった意見も寄せられています。

今回の新宿駅の事例は、デジタルサイネージの可能性と課題を浮き彫りにしていると言えるでしょう。リアルタイムな情報提供動的な表現といったデジタルサイネージの強みを生かしつつ、利用者にとってわかりやすく、ストレスのない情報提供を実現することが求められています。今後、他の駅や公共施設でもデジタルサイネージの導入が進むと予想されますが、利用者の声に耳を傾け、使いやすさを追求していくことが重要だと考えられます。

→テクノエッジ TOP

→未来型の人型ロボットFigure社が注目です!

【PR】
無料会員登録
タイトルとURLをコピーしました