太陽フレアに備える 

話題のニュース

2024年5月に、太陽表面で大規模な「太陽フレア」が連続して発生しました。これにより、地球の磁場が乱れる「磁気嵐」が観測され、通信衛星やGPS、短波通信などに影響が出る可能性が高まっています。特に、5月8日から10日にかけて、Xクラスの大規模なフレアが複数回確認され、これによる高エネルギー粒子の放出が地球に到達しています。

PR

太陽フレアによる障害とその危険性

実際、太陽フレアが起こると私たちの生活にどのような影響が出るのでしょうか?

  1. 通信衛星の障害
    太陽フレアによる放射線が衛星の電子機器に影響を与え、通信の途絶やデータの損失を引き起こす可能性があります。これにより、テレビ放送やインターネット接続に支障が出ることがあります。
  2. GPSの誤差増大
    高エネルギー粒子が地球の電離層を乱すことで、GPS信号が正確に地球に届かず、位置情報の誤差が生じます。これは航空機や船舶のナビゲーションに影響を及ぼす可能性があります。
  3. 短波通信の障害
    太陽フレアによる電離層の乱れは、短波(HF)通信にも影響を与え、航空機や船舶が使用する短波通信が不可能になることがあります。これにより、緊急時の通信が困難になる恐れがあります。
  4. 送電網への影響
    地磁気嵐が送電網に影響を与えることで、大規模な停電が発生する可能性があります。これは、2003年にカナダで発生した大停電の原因となった事例があります。
  5. 航空機の航路変更
    高度な放射線環境下での飛行は、航空機の電子機器に障害を引き起こすことがあり、航路の変更が必要になることがあります。これにより、フライトスケジュールに遅延や変更が生じる可能性があります。

PR

太陽フレアの影響を最小限に抑えるためには

太陽フレアが起こった場合の身近な対応策はどのようなものでしょうか?

  • 通信手段の確保
    短波通信が断たれる可能性があるため、複数の通信手段を確保しておくことが重要です。
  • 電子機器の保護
    強い太陽フレアが予測される場合は、重要な電子機器を遮蔽することで、放射線から保護することが考えられます。
  • 非常用電源の準備
    大規模な停電に備えて、非常用の電源を準備しておくことが望ましいです。
  • 航空機の運航情報の確認
    航空機を利用する際は、航空会社からの最新のフライト情報を確認し、必要に応じてスケジュールの調整を行ってください。

これらの対策を講じることで、太陽フレアによる影響を軽減し、安全を確保することができます。


太陽フレアをはじめとする自然災害はもはや当たり前の時代になってきてます。自然災害の前には、テクノロジーの技術は役に立ちません。常に”最悪”を想定しながら、日ごろの備えが重要になりますね。

→テクノエッジ TOP

PR

タイトルとURLをコピーしました