テスラが人材募集で再起を狙う!

話題のニュース

テスラが自動運転人材を積極採用、最大年収5,600万円+αで優秀な人材を確保

PR

テクノロジー大手テスラが、自動運転分野人材確保に向けて大規模な採用活動を開始したことが明らかになりました。同社は幹部の解雇を行い、自動運転技術開発を加速させるため、最大年収5,600万円以上高額報酬パッケージを用意しているとされています。

自動運転技術の重要性が高まる中

近年、自動車業界では自動運転技術開発が急がれており、テスラをはじめとする主要メーカー先行開発に力を入れています。自動運転技術確立により、交通事故の削減移動の効率化が期待されているためです。しかし、自動運転システム実用化には高度な技術力が必要不可欠です。センサーカメラによる周囲の認識AIによる判断車両の制御など、さまざまな要素技術を組み合わせる必要があります。そのため、優秀な技術者確保自動運転開発を握っています。

高額報酬で人材獲得を狙う

PR

そうした背景から、テスラ自動運転分野人材確保に向けて、破格の報酬パッケージを用意したと報じられています。具体的には、基本給に加えて、ストックオプションボーナスなどを含めた最大年収5,600万円を超える可能性があるとのことです。自動運転技術開発には、AIロボット工学コンピューターサイエンスなど、さまざまな分野の専門知識が必要とされます。テスラはこうした高度な技術力を持つ人材を惹きつけるため、他社に先駆けて高額報酬を提示したものと見られています。また、同社は幹部の解雇も行ったと報じられており、組織のスリム化人材の入れ替えを図ったものと考えられます。自動運転開発最優先課題に据え、陣容を一新する狙いがあるようです。

自動運転開発の勝者に

自動運転技術実用化に向けた開発競争は、今後さらに熾烈を極めることが予想されます。テスラ高額報酬による人材確保で優位に立とうとしていますが、他社も巨額の投資を行うなど、総力を挙げて開発に取り組んでいます。自動運転技術確立により、移動の革命が起こると期待されています。事故の削減渋滞の解消移動時間の短縮など、社会にもたらされるメリットは計り知れません。そうした夢の技術を実現できるのは、どの企業になるのでしょうか。自動運転開発の行方が、今後の自動車業界の勢力図を大きく変える可能性があります。テスラ人材獲得戦略が奏功するかどうかにも注目が集まりそうです。

→テクノエッジ TOP

→暗号通貨史上最大級の事件の数々:Mt.Goxから2024年のDMMビットコイン流出まで

PR

タイトルとURLをコピーしました