アナログ人間よ、ブルーカラーで生き抜け!

社会問題

こんにちは、私はアナログ人間のタロウと申します。そう、スマホもパソコンも苦手で、デジタル化の波に乗り遅れてしまった、いわゆる「アナログ人間」ってやつです。でも、そんな私でも生きていく道はあるんです。それが、ブルーカラーの仕事なんですよ。

PR

ブルーカラーって何だって?ほら、工場の作業員さんとか、建設現場で働く人たちのことを指すんだよ。青い作業着を着ているから、ブルーカラーって呼ばれているんだ。私もそんなブルーカラーの仲間入りをして、アナログな技術を武器に生き抜いているのさ。

アナログ人間にとって、ブルーカラーの仕事ってぴったりなんだ。だって、機械を使うにしても、基本は手作業。デジタルな機器に振り回されることなく、自分の手と頭で仕事ができるんだから。

PR

例えば、私が働いている工場では、まだアナログな作業が多いんだ。スマホで工程管理なんてしないし、紙の図面を見ながら、手作業で部品を組み立てていくんだよ。うん、私にはこの方が性に合っているね。

でも、アナログ人間だからって、ブルーカラーの仕事がすべて楽勝というわけじゃないよ。体力勝負の仕事も多いし、危険が伴うこともある。でも、そこは根性と経験でカバーするしかないんだ。アナログ人間の意地を見せるときさ!

PR

そういえば、先日は現場で大ピンチがあったんだ。デジタルの機械が急に調子悪くなって、みんなパニックになっちゃってさ。そこで私の出番ってわけ。アナログな方法で、何とか切り抜けたんだよ。上司に褒められて、ちょっと鼻高々だったな。

アナログ人間冥利に尽きる瞬間さ…。

でもさ、いつまでもアナログに頼っていられないのも事実なんだ。ブルーカラーの世界でも、どんどんデジタル化が進んでいるからね。おじさんも少しずつデジタルを勉強して、時代に取り残されないようにしないとな。

PR

そうは言っても、アナログの良さを忘れちゃいけないよ。デジタルにはない、人間らしさや温かみがあるんだから。私はこれからも、アナログ人間としてのアイデンティティを大切にしながら、ブルーカラーの仕事で生き抜いていくつもりさ。

だから、アナログ人間の皆さん、悲観することはないよ。ブルーカラーの世界で、私たちの居場所はまだまだあるんだ。一緒に手を取り合って、アナログの旗を掲げ続けようじゃないか。デジタル万歳の時代に、ひと味違う存在感を示してやろうぜ!

PR

そう、アナログ人間よ、ブルーカラーで生き抜こう。私たちの冒険は、まだまだ始まったばかりなのさ。さあ、今日も青い作業着に袖を通して、現場に繰り出すとしようか。とは言っても、この文章はAIによって書かれた文章なんだけどさ、なんか怖いねW

→テクノエッジ TOP

→AIは私たちの仕事を奪うのか?イーロン・マスク氏の発言を検証する

PR

タイトルとURLをコピーしました